住宅ローンの借り換えにおけるメリットとデメリット

住宅ローンに関する情報

  • 住宅ローン借り換えにおける注意点
  • 住宅ローンの借り換えにおけるメリットとデメリット
  • 住宅ローンの借り換えにおける条件
  • 住宅ローンの借り換えについての相談
  • 住宅ローンの借り換えにおける固定金利について
  • 住宅ローンの借り換え比較
  • 借り換えをした時の住宅ローン控除は?
  • 住宅ローンの借り換えをする時の必要書類
  • 住宅ローンの借り換えをする事で金利差はどれぐらい?
  • 住宅ローン借り換えについての金利交渉
  • 住宅ローンの借り換えランキング
  • リフォームをした場合の住宅ローンの借り換えについて
  • 住宅ローンの借り換えシミュレーション
  • 住宅ローンの借り換えにおけるメリット

    ここ数年、住宅ローンの金利がとても安いのをご存知でしょうか。もし、あなたが何年も前に高い金利で住宅ローンを組んでいるとしたら、このタイミングで借り換えを検討してもよいかもしれません。確かに借り換えには手数料がかかります。また、手続きが少々煩雑で手間はかかってしまいます。しかしながら、返済金額が大幅に下がるというメリットもあるかもしれません。金融期間の住宅ローンの窓口で一度相談してみてください。どれくらいの手数料で、どれくらい返済金額が下がるかシミュレーションしてくれます。 住宅ローンを借り換えした場合のメリットは、やはり今借りているよりも低い金利になるということだと思います。金利が低くなればその分支払う利息も少なくなるので、金利の幅が大きければ大きいだけメリットがあると考えます。私の場合、借り換えを検討した時にタイミング良く地方銀行がキャンペーンを行っており、金利の差が1%以上だったので借り換えを決断しました。ただし、借り換えの際は手数料等がかかるのでその辺も十分考慮する必要があります。

    住宅ローンの借り換えにおけるデメリット

    住宅ローンの借り換えは、現在借入を行っている金融機関とは別の機関を介して大口のローンを組み、その資金を以って先に契約している金融機関への返済を行ってしまうという方法で行う事になります。 先に契約しているローンとは違う返済期間・金利での借入が可能になる為、上手く利用出来れば返済計画の見直しや金利負担の低減に繋げる事が出来るというメリットがあります。但し、新たに登記や手続き費用が必要となるという面もある上に、ローン返済期間が短縮化される場合には住宅ローン控除の対象から外れるというデメリットが生じるケースもあり、実際に行うには慎重な検討が必要です。 自宅の近隣にある銀行の渉外係が、自宅に訪問してきて、「住宅ローンの借り換えはいかがですか」と提案してきました。メリットが出るかどうかのシュミレーションだけでもさせてほしいと言われ、メインバンクの返済予定表を手渡しました。後日、同じ渉外係が自宅を訪れ、「既に低金利でメインバンクと契約していることや、抵当権の設定・解除の手数料なども含めると、多少足が出てしまい、デメリットになります。お手伝いできずすみません。」と正直に説明してもらいました。