住宅ローンの借り換えについての相談

住宅ローンに関する情報

  • 住宅ローン借り換えにおける注意点
  • 住宅ローンの借り換えにおけるメリットとデメリット
  • 住宅ローンの借り換えにおける条件
  • 住宅ローンの借り換えについての相談
  • 住宅ローンの借り換えにおける固定金利について
  • 住宅ローンの借り換え比較
  • 借り換えをした時の住宅ローン控除は?
  • 住宅ローンの借り換えをする時の必要書類
  • 住宅ローンの借り換えをする事で金利差はどれぐらい?
  • 住宅ローン借り換えについての金利交渉
  • 住宅ローンの借り換えランキング
  • リフォームをした場合の住宅ローンの借り換えについて
  • 住宅ローンの借り換えシミュレーション
  • 住宅ローンの借り換えについての相談1

    アベノミクス効果で、物価がじわじわ上がっています。消費税も10%になる可能性が濃厚ですし、日銀はインフレを目指しています。インフレという事は、金利が上がる事も意味します。預金金利が上がるという、嬉しい側面もありますが、住宅ローン金利が上がってしまう方が、庶民には大問題です。 最初から、全期間を低い固定金利で借りている方は良いですが、変動金利や3年固定などで借りている方は、借り換えすべきです。長期間の固定で、もしかしたら今支払っている額よりも、支払いが少し多くなってしまう例もあるかもしれませんが、5年後にドンと支払いが増えて払えなくなってしまうと、住宅を手放すという最悪なシナリオになるかもしれません。 10年固定の借り換えでは、各銀行様々なキャンペーン金利を行っています。また、数は少ないですが、15年固定を選べばさらに安定した支払いスケジュールとなります。ネット銀行など、中には保証料不要の銀行もあり、借り換え前に払っていた保証料の一部返還により、手数料が賄えた上におつりが来る場合もあります。

    住宅ローンの借り換えについての相談2

    住宅ローンの借り換えで固定金利から変動金利への変更をしました。銀行金利が高いときに固定金利にて住宅ローンを借り入れしていたため、変動金利の低金利での借り換えをしました。金利差が大きく借り換えたことによって毎月の返済額が減った事と残債も減らすことができました。固定金利は安心感がありますが金利が高いため変動金利にすることで不安はありますがメリットがあると感じました。銀行で審査の際にシミュレーションしてもらえたので安心して借り換えができました。